COLUMNコラム

情報システム部

情シス派遣サービスをおすすめする理由は?活用時のポイントやデメリット解説

近年の少子高齢化による労働人口の減少により、人材不足問題が懸念されています。
実際に、情報システムに詳しい人材の確保に苦労している企業も少なくありません。

こういった人材不足や数少ない社内担当者による属人化を改善するために、情報システムに詳しい人材を派遣する「情シス派遣サービス」が注目されています。
外部から情シスに詳しい人材を派遣することで、新たな人材の採用コストや教育にかかる手間を省けるでしょう。

しかし、派遣サービスを取り入れることに対して、以下のような不安を感じている企業も少なくありません。

「機密情報の外部漏洩にリスクがあるのでは?」
「社内の即戦力として期待しても大丈夫?」

情シス派遣サービスの導入企業は増加傾向にあるものの、活用方法や万が一のリスクに悩んでいる企業も多いようです。

そこで本記事では、年間対応件数17万件超のサポート人員、情シス代行でお客様満足度98.2%の弊社が、情シス派遣サービスの特徴やメリットを解説します。

情シス派遣サービスが注目される背景

情シス派遣サービスが注目される背景

情シス派遣サービスが注目される背景として、ここでは情シスの問題点などをいくつか紹介します。

1-1.担当者の属人化

情シスの派遣サービスが注目を集めている理由のひとつとして、「担当者の属人化トラブルを避けたい」といった問題があげられます。
いち企業に対し、ネットワーク担当(情シス)が1人~2人体制で対応しているケースも少なくありません。

従業員が少数なら管理も安易で問題ありませんが、十数人以上いる場合は、必ずと言っていい程“抜け”が出てしまいます。
また、そのネットワーク担当によって作業が属人化している場合、担当者が休みのときに社内ネットワークで障害が発生すると、社内の仕事が停止するリスクがあるのも事実です。

属人化によるシステムトラブルが危険視されているため、情シスの派遣サービスやサポートデスクの代行が注目を集めています。

1-2.業務過多による離職

担当者の属人化トラブルの説明と少し被ってしまうものの、ネットワーク担当が少ないと、従業員からの複数のネットワーク障害に対して即時に対応するのは難しくなってしまいます。

それに加えて、情シス業務など自身の仕事があるのも事実です。
本来やらなければいけない仕事が疎かになってしまうほか、ネットワーク障害へ迅速に対応できないためすべてが中途半端になり、ネットワーク担当の業務過多により離職するケースも。

情シスの人材を流出させないためにも、煩雑な作業は情シスの派遣サービスによって人手を増やすのもポイントです

1-3.人材確保が困難

もしネットワーク担当が離職してしまうと、新しい担当を採用しなければなりません。
ネットワークを担当できるIT人材は年々減少傾向にあり、情シスの採用は困難とも言われています

また、採用ができたとしても、1から社内のネットワーク情報・管理情報などを正確に把握し共有しなければなりません。
優秀な情シスの離職が続いてしまうと、新たな人材をすぐに雇用するのは難しいため、企業としては見逃せないダメージが残ってしまいます。

ココがポイント


ネットワーク担当のIT人材は減少傾向にあり、情シス人材の採用が難しくなっている。

 

2.情シス派遣がおすすめの理由

情シス派遣がおすすめの理由

企業の要であるネットワーク担当が不在だと、全体の業務が停滞してしまい、仕事どころではありません。
そのようなトラブルを避けるため、情シスの派遣サービスを利用してみるのもポイントです。

2-1.生産性向上につながる

煩雑な作業で情シス担当の手が回らないときは、派遣サービスを利用するのもひとつの手段です。
派遣で人手を増やせば会社の情シス担当が本来の業務に集中できます
その他のシステム障害やトラブルは情シス派遣に対応してもらうことにより、ネットワーク問題のトラブル対応力が改善され、業務を効率よく進められます。

2-2.人数調整が可能

情シスの派遣サービスを利用すれば、業務量・時期に合わせて派遣人数を調整できるので、低コストで人材を雇用できます。

会社ごとに、繁忙期・閑散期があるため、必要なタイミングでスポット採用できるのもポイントです。
情シス派遣サービスの強みは、“繁忙期だけ何人増やしたい”など期間を抑えて雇用できる点でしょう。
柔軟な対応を望めるため、コストを抑えつつ情シスの業務負担も軽減できます。

もし低コストに興味がお有りの場合は、情シスの派遣サービスを検討してみましょう。

ココがポイント


情シス派遣サービスの利用により、コストを抑えつつ、情シス担当の業務負担も軽減できる。

 

2-3.即戦力となる人材確保が可能

本来なら、新しい人材の雇用には採用コストや人件費等、時間が掛かります。
一方で、情シスの派遣サービスを利用すれば、依頼したい内容と、対応の時期・時間帯を決めるだけですぐに対応の開始が可能です。
勿論、高い技術面を兼ね備えているため、結果的に短時間・低コストで、即戦力を手に入れられます

3.情シス派遣サービスのデメリット

情シス派遣サービスのデメリット

情シス派遣サービスではさまざまなメリットがありますが、一方で外部委託や代行と同じくいくつかデメリットがあるのも事実です。

情シス派遣サービスを利用するデメリットを解説します。

3-1.業務内容のブラックボックス化

情シスの派遣サービスを利用して外部委託先に任せっきりになると、社内のネットワーク担当が不在の場合、情シス業務の詳細やトラブルに対して把握している人がいなくなるので大きな問題点に繋がります。

社内から作業ノウハウがなくなると業務内容のブラックボックス化が起きてしまうため、それらを避けるために社内マニュアル等の作成・更新が必要です。
その際は情シスの担当者以外にも、ノウハウやマニュアルを共有するのをおすすめします。

属人化によるブラックボックスを避けるため、情シスの派遣サービスなどアウトソーシングへ完全に頼り切りになるのは避けるべきです。
最低限のネットワーク知識や共有すべき内容はマニュアルとして残すのをおすすめします。

ココに注意


業務内容のブラックボックス化を防ぐため、社内マニュアル等の作成・更新が必要である。

 

3-2.サービスの質が低いと教育が必要

情シスの派遣サービスは、すべてのサポーターが優秀とは限りません。
ネットワークのリテラシーが低く、スキルが乏しい情シスの派遣サービスを利用してしまうと、無駄なコスト・教えなければならない専門知識など、逆に時間を取られてしまいます。

結果として、業務効率の低下に繋がってしまう恐れも
しかし、サービスのクオリティは雇用前に企業側が判断するのは難しいのも事実です。

頼んだ情シスサービスの人材が、果たしてどのくらいの知識があるのかは実際に体験してみてからではないと把握できません。
それを最小限に抑える為にも、打ち合わせの段階で細かく聞いていきましょう。

3-3.ミスによる情報漏洩

情シス派遣サービスの利用では、社外の別の会社に情報を共有・開示する必要があります。
そのため、情報漏洩のリスクが100%ないとは言い切れません。

特に、サービスを委託したての頃は、「どの情報をどこまで話していいのか」「このパスワードはどこまで共有していいのか」など、連携が取れきれない部分もあります。

依頼前にしっかりとした社内規定書を共有したり、社内に管理者のような人材を配置したり、大事な要件は必ず管理者に情報を共有してから対応させるなどリスクヘッジの対策を取りましょう。

情シスの仕事は業務委託可能なの?対応範囲や委託先の選び方を解説!

4.情シス派遣を活用するときのポイント

 情シス派遣を活用するときのポイント

ここでは、情シス派遣サービスを活用する際のポイントを解説します。

4-1.業務内容を明確にする

派遣元の情シス業者に、どこまで対応してもらえるか、情報を共有していいかアウトソーシング対象を明確に話し合うのをおすすめします。

企業の従業員にも、対応できる範囲を共有していきましょう。
対応時の履歴も残しておき、双方の納得がいく範囲で業務内容を委託することが今後の会社運営にとって大事な傾向と対策に繋がります。

4-2.スキルを事前確認する

業者へ依頼する前に、派遣される情シスの人材がどのようなスキルや資格を持ち合わせているか確認しておきましょう。

企業によって起こりうる障害、トラブルもまちまちのため、それに適性のスキルを所持した人材を派遣してもらうのが大切です。
高難易度のシステムトラブルが起きた際、知識の浅い担当に業務を任せると、かえって時間がかかり業務が停止してしまう事例もあります。

そのようなトラブルを避けるため、情シスの外注をする場合は事前打ち合わせの段階で確認するのをおすすめします。

4-3.トラブル発生時の対応方法を確認する

どれだけ準備しようが、整理しようが、ネットワーク障害は起こりうるトラブルです。
派遣された人材によって万が一のミスが起きた際、責任や保証範囲についても事前確認しておきましょう。
今回情シス派遣サービスについてさまざまな説明をしましたが、契約前の事前打ち合わせは非常に大切です。

「金額が他社より安い」「全国に展開しているから大丈夫」なども重要な要素ですが、会社がネットワーク障害で業務がストップしてしまった場合、いかに迅速に対応してもらえるか、なるべく早い段階で復旧できるかが肝心です。

委託業者には、「何の資格を取得していて、知識はどの程度あるのか。
また過去の実績、これまでに対応してきたか」など、細かく聞くのをおすすめします。

ココに注意


トラブル発生時の責任や保証範囲など、対応方法を事前に確認すべきである。

 

5.IT資産管理をプロが代行する「トータルITヘルパー」

IT資産管理をプロが代行する「トータルITヘルパー」

今回は”派遣サービス”について解説しましたが、”代行サービス”と言う情シス業務委託サービスもございます。

多くの企業で、ネットワーク専任担当者(SE)が1人~2人程の体制で会社を支えている現状があります。
従業員が少なければSEが1人~2人でも間に合いますが、これが何十人規模になるとどうでしょう。
管理しなくてはならない項目が増え、障害も少なからず増えてしまいます。

1人~2人では手に負えなくなり、修正してもまた障害が出てしまういたちごっこも少なくありません。
またその専任担当が退職されてしまった場合、作業内容が属人化しているので、社内のネットワーク業務が停止してしまう恐れもあります。

そのような事態を防ぐために、情シス代行サービスに資産管理を委託しましょう。
さまざまな情シス代行があるなかでも、弊社「トータルITヘルパー」にお任せ下さい。

5-1.167人の専門人材がサポート

専門知識を持つ167人がお客様のネットワーク問題、アカウント情報を共有し迅速に問題を解決します。
年間17万件、過去100万件の事例解決の実績もございますので、細かな質問でもしっかり対応させていただきます。

5-2.PC1台3,000円からIT資産管理を代行

低価格ながらも、高品質でサービスを提供します。
お客様のご要望をお伺いさせていただき、それぞれに合ったプランの中から、現在お抱えの問題にマッチした解決策やサービスをご提供いたします。

ひとり情シスでお困りのお客様や、社内ネットワークの情報を整理整頓したいなど、ITに関するご質問でしたら幅広くお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

5-3主なサポート内容

弊社では、貴社のネットワーク共有からの業務効率やリスク回避について考慮したサポートも行っています。
PCのキッティングサービスや社内ネットワーク構築、VPN構築、サーバー環境の構築。
ライセンスやアカウント情報の管理などなど。

貴社担当情シスが不在の場合でも、弊社にご連絡いただければ代行による保守対応も可能です。
また、規定内であれば技術担当による訪問サポートもご提供しております。

保守サービスも幅広いシーンに対応しておりますので、貴社のニーズに合わせた対応が可能です
ほかにも、ネットワークに関するお問い合わせならいつでも対応させていただきます。

お問合せ

  • この記事を書いた人

慶田朋大

横浜支店の主任を勤めています。最近子供が生まれ、公私ともに忙しくも充実した毎日を過ごしています。皆様のお役に立つ情報をお届けできるように尽力します! 保有資格:MOSExcel2016、.COMMasterAdvance★、情報セキュリティマネジメント、ITパスポート

-情報システム部
-, ,

Copyright © RIPPLE Co., Ltd. All rights reserved.

© 2022 情シス・ヘルプデスクのアウトソーシング専門【トータルITヘルパー】 Powered by AFFINGER5